提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 29751回 総合評価 : 4件

最後に歯。

歯は、一本一本を表現してしまうと、漫画・アニメキャラとしては結構くどい表現になってしまいます。狙ってするならそれも良いのですが、今回は絵柄のこともあり、上の歯、下の歯各1セットの繋がった形で作成します。

(1)[F2]キーを押し、上面視点に。
新しいオブジェクト「obj3」を作成し、三度目の鏡面設定。

 

(2)真上からの視点で、歯の形を作成します。帯のような形を(鏡面処理するので)片側にだけ作成。

歯は、口腔の大きさに(アバウトに)あわせます。歯はチラッと見える程度しか期待しないので、かなり適当に。

口を閉じているときには口の中は見えず、口を大きく開けるときには口腔も調整するので、今のところは口の中の整合性は要りません。先に作成した口腔に歯がめり込んでいてOKです。

 

(3)Y軸沿いに頂点を動かし、口の位置と高さをあわせます。

 

(4)作成した面の中央を[ナイフ]ツールで一列にカット。

 

中央の頂点を上方向に、外側の頂点を下方向に動かし、山脈を作成していきます。まずはこれを下の歯とします。

 

 

(5)この下の歯をコピーして、上の歯に加工・調整します。

歯(「obj3」)のオブジェクトの設定を開き、鏡面設定のX軸へ入っているチェックを外し、Y軸へチェックします。

 

(6)OKを押して設定を抜けたら、[オブジェクト]メニュー→[曲面・ミラーのフリーズ](または[Ctrl]+[F]キーを押して)鏡面をフリーズ。今まで実体が無かった鏡面が実体化します。

 

(7)おでこのあたりに実体化した上の歯を選択。
[移動]ツールで下の歯に合わせてちょうどいい高さへ下ろし…

 

下の歯よりも少し前へ移動。

 

(8)再び[オブジェクト設定]を開き、[X]軸方向へ鏡面を再設定します。

 

コメント
コメントはありません