提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 17934回 総合評価 : 4件

足の付け根を接続して、腰を作成します。[Hip]オブジェクトの、腰と脚の接続部分の面を削除。残った面をナイフで細かく分割し、下腹部の形状を整えます。(前面は腰骨、下腹部の流れに沿って分割、凹凸をつけます。)


 


 

後ろ側を整形します。お尻の肉も、胸と同様、脂肪の塊が腰骨からぶら下がっているイメージです。尾てい骨、お尻の山、脚へ繋がるラインを意識しながら、{ワイヤー]、[ナイフ](接続面を連続切断)で面を増やし、頂点移動で面をなだらかに調整します。


 

腰の形状がある程度出来たところで、[Leg]オブジェクト側と頂点位置を調整。腰と脚をひとつのオブジェクトに合成し、[近接する頂点をくっつける]で頂点を接合し一体化します。


 

足の付け根は肩と並んで3Dモデル製作の難所。可動域が広く、破綻を完璧に避けるのは困難です。脚は、前方向に大きく曲がりますが、後ろ方向にはあまり動きません。ですから、前方向はポリゴンを少なく、逆に伸びるお尻側は面を多くします。


 


 


 


 

今回は以上です。次回は、腕、手首を作成して、最後に全身のバランスを調整していきます。

コメント
コメントはありません