Metasequoia 使い方講座 > 3Dでキャラクターを作っ… > 第21回 モーフィングで表…

第21回 モーフィングで表情をつける

はじめに

メタセコの連載も、残り1回です。ここ数回の難易度は半端でなく高く、説明も読み辛いと思いますが、なんとか最後までお付き合い下さい。

 

第21回のサンプルデータです。

・サンプルデータ
※当サンプルデータに関するユーザー様へのサポートは行っておりません。
※サンプルとして提供する3Dモデルデータの転載、再配布は禁止します。

最初 前へ 1 次へ
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
関節ごとに可動範囲を設定し、一般的な人間が動かせない方向へは手足が曲げられない制約を設定し、モデルを動かしやすくします。
閲覧数 : 19324回 総合評価 : 1件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
モーフィングは、元のオブジェクト(ベース)を、別の形(ターゲット)へ、文字通り「変形」させる手法です。 CG技術としては昔からあるオーソドックスな手法ですが、結構制約が多い技法のため、使いこなすにはコツが必要です。
閲覧数 : 71893回 総合評価 : 4件
最初 前へ 1 次へ
≪  第20回ボーンの設定2  |  第21回 モーフィングで表情をつ…  |  第22回 レンダリング  ≫