1.CLIP STUDIO PAINT でできること

提供者 : セルシス    更新日 : 2017/01/23   
閲覧数 : 174585回 総合評価 : 155件

『CLIP STUDIO PAINT』は、自然でリアルなタッチのペンツール、多彩なペイント表現が可能な筆ツール、効率的に美しく着色するための使いやすい着色ツールなど、マンガ・イラスト制作に必要な機能がすべて搭載されたソフトウェアです。
ここでは、実際にCLIP STUDIO PAINTで描いた作品を例に、どんなことができるのか簡単に紹介します。

多彩な表現を支える、自然でリアルなタッチ

高度な筆圧感知機能により、自然でリアルなタッチを実現しています。

線のブレや乱れを抑える「補正機能」や、描線に簡単にタッチをつけられる「入り」・「抜き」設定、線の終わりを細く残す「はらい」、描線の種類や状況によって選択できるブラシ形状の設定など、多様な設定項目をカスタマイズ可能です。



多彩なペイント表現

繊細なタッチの水彩、重厚感のある油彩、セルアニメ風のアニメ塗りなど、クリエイターの作風にあわせてさまざまな塗り方ができます。
ブラシツールは先端の形状を変えたり、紙の質感を加えたり、水彩絵の具のような線のフチを再現するなどの、カスタマイズができます。設定を変更したら、オリジナルのブラシとして保存しておくことができます。
[デコレーション]ツールによるパターンの描画も可能で、レースや鎖、草木などの複雑な描き込みをサポートします。感情表現や背景などに使えるパターンも用意しています。



初期収録されているツールやブラシが物足りなくなったら、オリジナル設定のカスタマイズに挑戦してみましょう。
描画ツールの設定項目について詳しくは以下の講座で詳しく解説しています。

解像度フリーで美しい描線、高い編集性【PRO/EX】

拡張されたベクター形式は、ペンに加え、鉛筆や筆などの表現も可能になりました。拡大・縮小をしても描線の美しさは変わらず、描画したあとでも線の形状を変更したり、線を太くする、細くするといった加工も行えます。線と線が交わる交点まで消去する、重なった線のうち1本の線だけ消去するといった、便利な使い方もできます。



ベクター形式のレイヤーや操作、描画について詳しくは以下の講座で詳しく解説しています。

無限のトーンなど、マンガ作成にも【PRO/EX】

CLIP STUDIO PAINTにはマンガを描くために必要な、枠線やコマ枠作成、効果線の描画、トーン貼り、フキダシ作成などの機能も揃っています。
特にマンガに必須のトーン機能は充実。[レイヤープロパティ]の「トーン化」をオンにするだけで、描画した内容をそのまま白黒の網点のトーンにすることができます。必要な部分を描き足したり、削ったり、線数や濃度、網点の形状を変更したり、いつでも自由に加工できます。
マンガのコマ枠の作成には、キャンバス上をドラッグするだけで枠線が引ける[コマ枠フォルダー]を用意しています。



マンガを描くための機能、トーンやコマ割り操作について詳しくは以下の講座をご覧ください。

CLIP STUDIO ASSETS(素材をさがす)による豊富な追加素材が使える

CLIP STUDIOの素材をさがすサービス「CLIP STUDIO ASSETS」を利用することにより、豊富な追加素材を利用することができます。

CLIP STUDIO ASSETSにはペイントで役立つブラシ素材をはじめ、柄や背景として使用できる画像素材・3D(背景/オブジェクト)素材・デッサン人形や3Dキャラクター用のポーズ素材など20000点にのぼる素材が公開されています。無料のものだけでも8000点以上の素材があり作品作りに活用できます。

≪  インストールで困ったら、ここ…  |  1.CLIP STUDIO PAINT でできる…  |  2.起動  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
篠瀬あかね 2017/01/29 09:43
コミスタからの移行プレです。…私も使いこなせる様に勉強します+_+
チィエリ 2016/12/27 19:02
 使いこなせるといいんですが・・・勉強します。
めっちゃまっちゃ 2016/09/01 20:56
説明がわかりやすくてGOOD!
daruma 2016/03/31 20:40
色々の機能の紹介など有りますが、まったくの初心者で、設定のメニューの出し方 とか解らない。
蜜黒 2016/03/23 14:15
初心者に優しい!
人気のタグ