6.キャラクターの描き込み

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : えるぽ
閲覧数 : 8566回 総合評価 : 0件

[1]ラフからのキャラクターの描き起こし
[2]キャラクターの描き込み
[3]チェック柄

[1]ラフからのキャラクターの描き起こし

今回キャラクターに先にペン入れをするかで悩んだのですが、画像の前面にあるテーブル上の料理などとの調和を考えると、ペン入れはなしで行く方が良さそうでしたので、テーブル上と同じく直接本描きに入ります。
ラフをアタリにして形を取って行き、塗りと線を同時に入れていくことになります。

使用ブラシは前回までと同じです。

POINT

使用ブラシの設定は、下記の記事を参照してください。

・ペイント用ブラシ:『3.下塗り』
・不透明水彩カスタム:『4.食卓におおまかな陰影をつける』


まず、サイズに抜きのないペイント用ブラシで大まかな下地を作りつつ、抜きのあるペイント用ブラシで細部を作っていきます。
ある程度形が取れたら軽く濃い目の色で必要な線をひきます。

この線はここから先、描きこんで行くためのアタリとしての線です。
ですので、この先潰れたり、形が変わったりしてもOKです。


形を描き起こすにあたって、余計な部分を消去する手順が必要になるのですが、[消しゴム]ツールは使用せず、描画に使っているブラシで透明色を選んで消します。
透明色を選ぶには[カラー]パレットの[透明]を選んでも良いのですが、描画エリア外のグレーの部分を[スポイト]ツールで取ると描画色が透明になり、とても便利です。

POINT

ペンなど描画系ツールを使用しているときに、[Alt]キーを押すと、[スポイト]ツールに切り替わります。


キャラ部分を全て描き起こすと、このような状態になります。
手前の女の子の体部分が結構描きこまれてしまっていましたが……
描き起こし段階としては、他のキャラクター程度で大丈夫です。持っている料理は、気分的に後で描き起こすことにしました。


     

[2]キャラクターの描き込み

大体の描き起こしができたら、より陰影を加えて描きこみをしていきます。
製作過程の画像で時系列順に紹介します。

1段階目

描き起こしで引いた線は消えてしまって良いので、大まかな陰影を描き込みます。基本手順は前回の食物と同じです。不透明水彩カスタムのブラシをメインで使います。

2段階目

陰影の描き込み密度をあげていきます。
線がなくても境目や形が見えてくればOKです。

3段階目

濃い目の色で必要な線を描き足します。赤寄りの濃いブラウンを使用しました。
ラインを引くには、不透明水彩カスタムブラシのみ使用します。
色が混ざるので、アウトラインが塗られている色に近づいて、自然なラインに見えます。

4段階目

荒い部分を整えたり、細かいハイライトを入れたりなど、細部の仕上げをします。

     

[3]チェック柄

チェック柄は、縦と横のラインをそれぞれ別レイヤーで作ります。


それぞれのラインの陰影を本番用の色で描き込みます。


この状態で十分チェック柄に見えるのですが、ちょっと一手間かけます。
上にきている「横ライン」のレイヤーの合成モードを[乗算]にしてしまいます。


こんな感じです。

布地の格子柄では、縦糸と横糸が交差する部分の色が2倍に濃く見える訳ですが、[乗算]にするだけで専用の色を置かなくても、交差する織糸の表現ができます。

参考リンク

『機能解説!トラの巻』→『レイヤーの合成モードの使い方』


これでキャラクターの部分は、ほぼ完成です。
実は手前の女の子のアクセサリーを描き忘れているのですが、後ほど気付いたので、最終調整での描き足しとなりました。

よくあることです!!

ここまでの手順で全てのキャラクターを描き込むと、このような状態になります。
奥に行くにつれて、ラインの太さを細く、色も淡くしていくと奥行きが出ます。


では、次は背景部分を描き上げて行きます。

     

作者プロフィール:えるぽ  (サイトURL:http://www.pixiv.net/member.php?id=199688

食べ物をいかに美味しく描くかが人生の命題です。普段は別名義でイラストレーターやっています。

コメント
コメントはありません