[3] 3DCGのワークフロー

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 37665回 総合評価 : 16件

それでは、3DCG作成の流れを簡単に説明します。

モデリング

マテリアルの設定

ライト・カメラの設定

レンダリング

となります。

「モデリング」は3D仮想空間に立体として描画されるモデルを作成します。
3DCGツール(本講座ではメタセコイア)で、ポリゴンを組み合わせたモデルの「形」を作成する作業です。

「マテリアルの設定」とは、モデリングしたモデルの「質感」を、3DCGツールが扱える数値に設定する事です。
メタセコイアの場合、単に「モデリング」しただけではツルツルでグレーの物体になってしまいます。

我々の身の回りにある物質は様々な色・質感を持っていますよね。たとえば「赤い箱」があったとして、金属の箱と、木の箱では同じ「赤い箱」でも質感が異なって見えるはずです。
3DCGでも、物体の色や質感を仮想空間で擬似的に再現できるよう設定していきます。テクスチャと呼ばれる画像を貼りつけるなど、方法は様々です。

「ライト・カメラの設定」とは後述する「レンダリング」の準備段階ではありますが、最終的な絵を決める工程ですのでとても重要です。

ライトの設定とは、3DCGツールで与えられる擬似的なライトを使いモデルを照らします。ライトの角度・数値しだいで太陽の直下で照らされているようなイメージを与たり、月明かりの下でぼんやりと照らされているような感じにもすることが出来ます。
ライトの設定には、絵を作る側のイメージが大切になってきます。

カメラの設定とはファインダー越しに覗く作り手の視線、構図の設定ですね。

上記の設定を完了したら、あとは「レンダリング」を3DCGツールに行わせます。
モデルの質感、ライトの配置、強さそしてカメラの設定を参照してコンピュータが一枚の画像を出力します。レンダリング方式には光の反射や屈折を表現できる、レイトレース方式等、様々な方式があるので、写真のように、現実と見間違う画像の作成も出来なくはありません。

簡単な説明ではありますが、このような手順で3DCGの画像は作られます。
3DCGツールでアニメーション(動き)を作成、設定した場合、そのアニメーションを動画としてレンダリングすることも可能です。

≪  [2] 3DCGのメリット  |  [3] 3DCGのワークフロー  |  [4] 3DCGツール  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
だみだみん 2013/08/25 06:34
勉強になります
hanayakaryouko 2013/06/01 13:29
わかりました、先生。
人気のタグ

要修正古情報 大変良くできた機能です せんせん 近接する頂点をくっつける 頂点の位置を揃える ナイフ オブジェクト設定 対称編集 拡大 ショートカットキーの設定 環境設定 移動 回転 フリップ 面の反転 EdgeExtrude オブジェクトの複製 範囲 曲面・ミラーのフリーズ 材質設定 押出 複製 面に現在の材質を指定 ワイヤー モデリング 面の生成 等比変形 隠した面を表示 面を一時的に隠す スイッチ反転 下絵 UV obj ファイル出力 IllustStudio連携 UVマップ作成 UV編集モード マージ 自動展開 格子変形 ローカル ミラーリング ローカル軸 曲面制御 テクスチャ 球面マッピング 円柱マッピング 平面マッピング 未着色面に材質を割り当てる 材質パネル 基本図形 曲面化 小物ではじめよう!モデリング入門 Metasequoia 対称 OBJExport 面を反転 Lines Delete 面の方向を統一する 全て選択 頂点の位置を揃える] 保存 ファンクションキー 模様 ComicStudio連携 回転体 面の反転] 隠面表示] 面を隠す 照光 表示 編集オプション コマンド 編集 システム mqo 3Dでキャラクターを作ってみよう! やり直し 取り消し ショートカット 視点の設定 オブジェクト オブジェクトパネル スケール PSD TGA BMP JPG 基礎知識 ポリゴン 1画面表示 三面図表示 視点 画面操作 読み込み Direct3D OpenGL 入門モード 初期設定