[8] ポリゴンモデルを作成してみる

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 39003回 総合評価 : 15件

ポリゴンモデルを作成する、と言ってもいきなり「モデリング」をするのではありません。
メタセコイアにはモデリングのベースにしたり、その図形を組み合わせてモデルを作ったりする事の出来る[基本図形]と呼ばれる機能があります。

この機能を使用してみようというだけです。

(1)まず、上部メニュー[ファイル]→[新規作成]を押して画面をクリアします。

※基本的に、メタセコイアを立ち上げた直後は、この[新規作成]と同じ状態になっており、そのまま作業できる状態になっていますが、今回のように、すでに別のモデルを読み込んでいた場合は、[新規作成]をする事で、何もない空間に戻すことができます。


 

(2)左部メニュー[面]→[基本図形]をマウスでクリックしてください。


 

(3)画像のような[基本図形]パネルが現れ、画面に青色の四角が表示されたと思います。

これはポリゴンが描画される前の状態で「ワイヤーフレーム」と呼ばれます。


 

(4)[基本図形]パネルに表示されている図形のアイコンをクリックすると、「ワイヤーフレーム」の形が変わると思います。

[基本図形]パネルの右下の図形をクリックして、画面に表示されている[Create]をクリックしてください。これでポリゴンが作成されました。
逆に言うと、[Create]をクリックするまで実際にポリゴンは作成されないという点に注意してください。


 

「基本図形(プリミティブ)」はこのように9種類のポリゴンモデルを簡単に作成できる機能です。

基本図形を組み合わせるだけでモデルを作る事もできますし、モデリングのスタートとして使用することも多いので大切な機能です。
一通り基本図形を作成してみて、どの様な図形があるか覚えておくと良いでしょう。

≪  [7] 違う方法でモデルを表示し…  |  [8] ポリゴンモデルを作成して…  |  [9] ファイル(ポリゴンモデル…  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

要修正古情報 大変良くできた機能です せんせん 近接する頂点をくっつける 頂点の位置を揃える ナイフ オブジェクト設定 対称編集 拡大 ショートカットキーの設定 環境設定 移動 回転 フリップ 面の反転 EdgeExtrude オブジェクトの複製 範囲 曲面・ミラーのフリーズ 材質設定 押出 複製 面に現在の材質を指定 ワイヤー モデリング 面の生成 等比変形 隠した面を表示 面を一時的に隠す スイッチ反転 下絵 UV obj ファイル出力 IllustStudio連携 UVマップ作成 UV編集モード マージ 自動展開 格子変形 ローカル ミラーリング ローカル軸 曲面制御 テクスチャ 球面マッピング 円柱マッピング 平面マッピング 未着色面に材質を割り当てる 材質パネル 基本図形 曲面化 小物ではじめよう!モデリング入門 Metasequoia 対称 OBJExport 面を反転 Lines Delete 面の方向を統一する 全て選択 頂点の位置を揃える] 保存 ファンクションキー 模様 ComicStudio連携 回転体 面の反転] 隠面表示] 面を隠す 照光 表示 編集オプション コマンド 編集 システム mqo 3Dでキャラクターを作ってみよう! やり直し 取り消し ショートカット 視点の設定 オブジェクト オブジェクトパネル スケール PSD TGA BMP JPG 基礎知識 ポリゴン 1画面表示 三面図表示 視点 画面操作 読み込み Direct3D OpenGL 入門モード 初期設定