[3] マウスを使っての視点操作

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 46880回 総合評価 : 17件

次にマウスを使っての視点操作、そしてファンクションキーでの視点切り替えについて説明します。
視点操作を分かりやすくするため、目安となるオブジェクトが必要ですね。
まず[基本図形(プリミティブ)]から円錐を作成します。

(1)[コマンド]パネル→[コマンド(面)]→[基本図形]から左下の円錐形のアイコンを選択します。


 

(2)画面にワイヤーフレームで円錐が表示されます。


 

(3)そのまま[create(作成)]ボタンを押せばポリゴンの円錐が作成されます。

これで準備完了です。


 

■マウスによる操作

ビューは、マウス右ドラッグで回転(タンブル)、ホイールドラッグで移動(トラッキング)、ホイール回転で拡大縮小(ドリー)します。
これは文章を読むより、実際に触ってみるのが一番分かりやすいと思います。

回転の基準となる中心点は、環境設定で変更することもできます。

(1)[コマンド]パネルの[システム]→[環境設定]をクリックし、[環境設定]ダイアログを開きます。

(2)[操作]→[回転の中心位置]を[選択中の位置]に設定して下さい。

好みの設定にしていただいても良いのですが、私は選択頂点の位置がビューの中心になるのをお奨めします。


 

■ファンクションキーによる操作

メタセコイアにはもう一つ大事な視点操作があります。ファンクションキー[F1]~[F3]を押すことで視点変更が可能です。
[F1]で側面から、[F2]で上面から、[F3]で正面からの視点に切り替わります。

ちなみに[Shift]+[F1]・[Shift]+[F2]・[Shift]+[F3]キーでそれぞれの反対側からの視点に切り替わります。これも重要です。
必須操作ではありませんが、[Shift]+[F5]~[F8]キーを押すと、現在の視点を記憶します。[F5]~[F8]キーを押すとそれぞれ記憶した視点を呼び出すことができます。覚えておくと役に立つ時が来るかもしれませんね?

これで基本的な操作方法は理解できたと思います。

≪  [2] メタセコイアGUIの説明  |  [3] マウスを使っての視点操作  |  [4] 簡単なモデリング-基本図形…  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

要修正古情報 大変良くできた機能です せんせん 近接する頂点をくっつける 頂点の位置を揃える ナイフ オブジェクト設定 対称編集 拡大 ショートカットキーの設定 環境設定 移動 回転 フリップ 面の反転 EdgeExtrude オブジェクトの複製 範囲 曲面・ミラーのフリーズ 材質設定 押出 複製 面に現在の材質を指定 ワイヤー モデリング 面の生成 等比変形 隠した面を表示 面を一時的に隠す スイッチ反転 下絵 UV obj ファイル出力 IllustStudio連携 UVマップ作成 UV編集モード マージ 自動展開 格子変形 ローカル ミラーリング ローカル軸 曲面制御 テクスチャ 球面マッピング 円柱マッピング 平面マッピング 未着色面に材質を割り当てる 材質パネル 基本図形 曲面化 小物ではじめよう!モデリング入門 Metasequoia 対称 OBJExport 面を反転 Lines Delete 面の方向を統一する 全て選択 頂点の位置を揃える] 保存 ファンクションキー 模様 ComicStudio連携 回転体 面の反転] 隠面表示] 面を隠す 照光 表示 編集オプション コマンド 編集 システム mqo 3Dでキャラクターを作ってみよう! やり直し 取り消し ショートカット 視点の設定 オブジェクト オブジェクトパネル スケール PSD TGA BMP JPG 基礎知識 ポリゴン 1画面表示 三面図表示 視点 画面操作 読み込み Direct3D OpenGL 入門モード 初期設定