[4] 簡単なモデリング-基本図形の作成

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 72260回 総合評価 : 22件

基本操作の説明が終わったところで簡単なモデリングの解説に入ります。
今回モデリングするオブジェクトは野球のバットです。
武器としても使えない事もありませんね?

1.モデリングの準備


 

まずはモデリングの為の資料を用意します。

ネットの画像検索を使えば簡単にバットの画像は見つかると思います。
ここで斜めに映っているものや、パースの付いている画像を選ばないようにしましょう。3Dモデリングの参考となる資料は、なるべく正面から撮影された画像がベストです。
正面・上面・側面の三面図が揃っていると資料としては最高ですね。

今回の講座ではこちらの資料をお使いください。

bat_01.bmp

※表示された画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」で、任意の場所に保存してください。


 

2.下絵の読み込み


 

次に用意した資料の画像を下絵として読み込みます。
パースビュー左上の[下絵]ボタンから用意した資料画像を読み込みましょう。

(1)先ほど、円錐のオブジェクトを作成していた場合は上部メニュー[ファイル]→[新規作成]で画面をクリアしておきます。

(2)[下絵]タブを右クリックします。

(3)[下絵の設定]ダイアログが表示されるので、[透視]の[参照]ボタンをクリックして画像を読み込みます。


 

(4)次に[F3]キーを押して、正面からのビューに切り替えます。

ここでバットのセンターがズレているなら
[コマンド]パネルの、[コマンド]→[特殊]から[下絵]をクリックして位置を調整しましょう。


 

私はモデリングの為の資料を用意するところから、モデリングは始まっていると思っています。
極力センターの位置がズレていない資料を集める、なければ加工して作成する。
準備工程が後のモデリングを良くしたり、楽にするので覚えておいてください。

3.基本図形の作成


 

それではバットのベースとなる基本図形を作成します。

(1)[コマンド]パネルの[コマンド]→[面]から[基本図形]をクリックします。

(2)[円筒]を選択し、[基本図形]パネルの[詳細設定]ボタンをクリックして、 [U方向]を「16」として下さい。この数字が大きいほどバットの曲面は滑らかになりますが、ここでは16ぐらいで良いでしょう。


 

(3)次に[F3]キーを押して、正面から下絵に合わせてプリミティブ(基本図形)のワイヤーを変形させます。


 

(4)大きさの調整をするので[Scale](スケール)をクリックします。


 

(5)Scaleをクリックしたら、今度は黄色の四角をドラッグします。すると、図形全体が拡大縮小しますね?

まずはバットの幅を下絵に合わせて下さい。あまり大きなズレは困りますが少々のズレは問題ありません。


 

(6)次に緑色の四角をドラッグして高さ(Y軸)のスケールを調整します。

少しはみ出しても大丈夫です、下絵に近い位置にワイヤーフレームが来るように調整します。


 

(6)位置が決まったら[Create]ボタンを押してポリゴンを作成して下さい。


 

さて、ポリゴンを作成したら下絵が隠れてしまいました。下絵が見えないので困りましたね・・・


 

(7)そこでパースビュー左上部メニューから[面]のチェックを外します。

これで下絵が見えるようになりました。

コメント
コメントはありません