提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 59777回 総合評価 : 20件

先ほど基本図形を作成したとき、円筒の円部分の分割を上げたのを覚えていますよね?
その時にV方向への数字を全く入れなかったので、このモデルは縦方向(Y)の分割が全くありません。
どういう事かと言うと、このままではバットを構成するテーパー部、グリップエンドの曲面を作成することが出来ないということです。

曲面を生成するためには分割を上げなければなりません。
分割を上げるために、[ナイフ]ツールを使いましょう。

1.ナイフツール


 

(1)[コマンド]パネルから[コマンド]→[辺・点]から[ナイフ]をチェックします。


 

[ナイフ]ツールは三種類あってそれぞれ役割が違います。

■ナイフで面を切断

面をマウスドラッグで出来たドラッグワイヤーが完全に横切った場合、ワイヤーに沿って面を切断。
マウスでドラッグした直線の通りに切断します。

■接続面を連続切断

隣り合う四角形面を連続的に切断。

■接続辺を連続消去

接続面を連続切断の正反対の動作です。連続する辺を消去し隣り合う二つの四角形を合成します。
ここでは[ナイフで面を切断]を使って画像の位置のポリゴンを切断し、分割を上げます。

マウスをクリックし、ドラッグを開始したところが切断の開始点、クリックを離したところが終点となります。[Shift]キーを押しながらドラッグ&ドロップすることで平行にナイフを入れることが出来ますので、[Shift]キーを押しながらナイフを入れてください。


 

同様に下図の6箇所を[ナイフ]ツールで切断します。

コメント
コメントはありません