提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 35774回 総合評価 : 16件

1.材質の設定


 

それでは最後にバットの材質を設定して三色のバットを並べてみましょう。

(1)画面右端下[材質パネル]メニューから[新規]ボタンを三回押して新しい材質を3つ作成します。


 

(2)材質「mat1」をダブルクリックすると材質設定が出てきます。

(3)[材質設定]ダイアログ左のリストから「mat1」を選択し、ダイアログ右側の[基本色]ので赤を選択します。


 

(4)同様に、「mat2」「mat3」も、リストから選択し、基本色を選択します。「mat2」には青「mat3」には黄色を設定します。

(5)色を設定したら[OK]をクリックしてダイアログを閉じてください。


 

(6)画面右端上[オブジェクトパネル]メニューから[複製]ボタンを押します。

(7)[オブジェクトの複製]ダイアログが表示されるので、[個数]を「2」に設定し、現在のバット「obj1」を2つ複製します。


 

(8)上記の操作で3つのバットが出来ている状態ですが、ぴったり重なっているため一つにしか見えません。

(9)[移動]ツールを使ってバットを移動させ3つ並べます。[コマンド]パネルの[コマンド]→[編集]→[移動]ツールを選択します。


 

(10)[移動]ツールを選択したら、[Shift]キーを押しながら、[オブジェクト]パネルの「obj1」をクリックします。

この操作で”obj1”の中のオブジェクトが全て選択状態になります。

(11)そのまま[移動ツール]パネルの[X]に「-90」を入力して[OK]ボタンをクリックしてください。

「obj3」にも同様の操作をし、[X]に「90」を入力するとこのようにバットが並びます。

※選択状態を解除する場合は、オブジェクトのないで左クリックします。


 

(12)画面右端上の[オブジェクト]パネルで、[Shift]キーを押しながら「obj1」をクリックし、「obj1」を選択状態にします。

(13)画面右端下[材質]パネルで「mat1」が選択状態にあることを確認して、

上部メニューの[選択部処理]→[選択部に現在の材質を指定]を実行します。
これで「obj1」に「mat1」の材質が割り当てられ、赤色に変わります。


 

(13)同様に(12)(13)の手順を繰り返し、「obj2」に「mat2」、「obj3」に「mat3」の材質を適用してください。

これで三色揃って完成です、お疲れ様でした。


 

※今回は練習のためにバットを3本並べましたが、データとしてはバットが1本の方が使いやすいと思います。

保存する場合は先ほど[6]の工程の最後で保存したデータには上書きせず、[名前を付けて保存]で別の名前をつけておくと良いでしょう。

今回作成した3Dモデル

バット(1本)
バット(3色)

補足

3DオブジェクトのComicStudio、IllustStudioへの読み込み

残念ながらComicStudioやIllustStudioでは「*.mqo(メタセコイアオブジェクト形式)」を直接読み込むことができませんが、データを「LightWave Object(*.lwo)」形式で保存することで、本講座で作成したオブジェクトも読み込み可能なデータになります。せっかく作ったデータですので、ぜひマンガやイラスト製作でも活用してみてください。

ただし、機能が制限された状態の体験版では「*.mqo(メタセコイアオブジェクト形式)」以外の形式で保存することはできません。

また、講座の最後で材質としてバットに色を設定しましたが、ComicStudioやIllustStudioでは、オブジェクトの色を読むことができないため、全体的にモノトーンで表示されます。テクスチャ画像として貼り付けた画像データはカラーで表示できるのですが、それは少し高度な話なので、次回以降解説したいと思います。

※注意 以下の操作は体験版(機能制限版)では実行できません。

1.メタセコイアからの書き出し


 

(1)読み込むオブジェクトをメタセコイアで開きます。

(2)上部メニュー[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択します。


 

(3)[ファイル形式]で「Wavefront(*.obj)」を選択し、保存をクリックします。


 

(4)[OBJ Export]ダイアログが表示されます。[左右を反転する]のチェックをオンにします。

使用する用紙サイズや解像度によっても適切な値は異なりますが、[拡大率]は0.05程度にしておくと良いでしょう。


 

今回は「テクスチャ」を使用していないので、[UVマッピング]や[マテリアル(MTLファイル)]をオフにしています。
また、非表示にしたオブジェクトがある場合は、[可視オブジェクトのみ]をオンにします。

(5)[OK]をクリックするとファイルが保存されます。

2.ComicStudio・IllustStudioでの読み込み


 

※画面キャプチャはComicStudioのものですが、IllustStudioでも同様の操作で読み込めます。

(1)[ファイル]メニュー→[読み込み]→[3Dファイル]を選択します。


 

(2)[ファイルを開く]ダイアログが表示されるので、先ほど保存した「obj」ファイルを開きます。


 

(3)作成したオブジェクトがComicStudio・IllustStudioに読み込まれました。

コメント
xxx藤子 2016/01/10 12:42
ShiftがAltに変更になっている点、私も躓きました。 テキスト部分に赤字で注釈をつけるなど、できることはあると思います。 初心者講座なのだから、もう少し親切になってほしいな、とは思いました。
arumin 2015/12/02 20:18
何度やっても全く選択できないと思ったらそういうことでしたか。 この使い方講座も早くリニューアルしていただきたいです。
悠久誌咲 2014/12/07 07:52
(10)[移動]ツールを選択したら、[Shift]キーを押しながら、[オブジェクト]パネルの「obj1」をクリックします。 ↑ここでは、ShiftではなくAltですね。ググッたら仕様が変更されたとかかいてあった。
博龍 2013/08/24 05:16
シンプルでこれからなら始められるかもです
hanayakaryouko 2013/06/01 16:35
shift+objで全体選択ができなかったので仕方なく他のオブジェクトに鍵かけてCtrl+Aでやらざるを得ませんでした。少し手間が。