提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 59124回 総合評価 : 6件

時に、2010年。3Dやポリゴンはぜんぜん特別な技術ではなくなってしまいました。
いまどきのゲームは、ほとんどポリゴンで3D。キャラクターゲームにもポリゴン化の波が押し寄せています。アニメを見ても、ちょっと複雑なメカや凝った動きのカットは、実は3DCGだったりします。

3DCGに向いているのは、複雑な形のものをいろいろな角度から描いたり、機械や建物を正しいパースでレイアウトすること。そして資源の再利用。同じものをちょこっと変えて使いまわしが出来ます。私は、過去作品を再利用して、企画書の絵をでっち上げるのによく利用します。

今は2D専門の方も、3Dツールを利用すれば、面倒な部分や難易度の高い部分が解決でき、イラスト製作の幅を広げることが出来ます。

コメント
コメントはありません