提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 72312回 総合評価 : 9件

手始めに、出来上がっているデータを改造してみましょう。

サンプルデータ

ここに一人のキャラが登場。イラストレーターのすまき俊吾先生に描いてもらいました、この講座用のキャラクター。名前は・・・皆さんのイメージで考えてみてください。


 


 

最初は、このキャラクターモデルの色の変更、顔や目の改造、ポージングを通して、3DCGの基礎とツールの使い方を知ってもらおうと思います。

ゼロからキャラクターモデルを作るのは比較的難易度が高いのですが、出来上がっているモデルを小改造するのは、結構楽チン。フルスクラッチ(ゼロから作る)よりも小改造のほうが、気楽に楽しく始められると思います。もちろん、最終的には「キャラクターモデルを作ってみよう」というのが、目標ではあるのですが。

3DはJpegで保存されたイラストと違い、データを改造しても劣化しません。流用も楽チンです。

コメント
コメントはありません