提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 28551回 総合評価 : 5件

ここまできたら、眼の形の修正も兼ねて、顔の輪郭や他のパーツも形を変えてみましょう。
ポリゴン編集の基本、頂点の移動です。

1.頂点をひとつずつ移動

(1)編集するオブジェクトを選択します。[コマンド]パネルで[移動]ツールを選択し、編集対象は[点]に。


 

(2)まずは正面から、点を表示し、それを一つ一つ動かします。


 

非常に地味な作業ですが、これが3Dの基本です。極端な話、精度が必要なければ、頂点移動だけでどんな形も作れるはずです。
頂点を動かすときには、ポリゴンの流れを見て、無理な流れにならないように(ねじれたりしないように)調整します。綺麗なポリゴンの流れは、綺麗なお肌を約束します。


 

2.マグネット機能


 

とはいえ、頂点は結構たくさんあります。そこで、もっと大雑把に頂点を動かしたいと思うかもしれません。そんな時には[マグネット]機能を使います。
[マグネット]は、円形の範囲内の点を、やわらかく動かす機能です。(ボケ足のあるブラシに似ています)

(1)[コマンド]パネルから[マグネット]を選び、[マグネット]のパネルから[ドラッグで範囲指定]を選び

(2) [マグネット]のパネルから[ドラッグで範囲指定]を選び、編集可能な点の上で左ドラッグ。ブラシの大きさ(影響範囲)を調整します。


 

(3)あとは、点をドラッグして動かしていくだけ。周囲の点も引きずられる様に動きます。これで、大雑把に形を変えることが出来ます。

※顔の調整をする場合、[影響範囲]は「6~9」程度にしておくと丁度良いです。


 

形を変えるときのコツは、まずはカメラをあまり動かさず、正面から点を動かして形を整えます。

(4)続いて、モデルの視点を動かし、斜めの視点で点を「移動を前後方向に限定して」動かして形を整えます。

この時、点の移動を前後方向に限定するために、[編集オプション]の[X][Y][Z]ボタンを使います。
このXYZ、三次元の上下左右を表しています。(軸を表示すれば、その色でどの方向がXYZかわかります)
前後方向は青いZ軸ですから、[Z]ボタンだけが押された状態にします。これで、頂点は前後方向にしか動きません。


 

以上の操作を繰りかえして、顔の形を整えます。
あとは根気で改造あるのみ!です。


 


 

こんなんできました~~~。猫耳とかつけたくなってきましたよ!
一番変化を与えているのは髪の毛の色、とか言わないようにお願いします。

さて次回は、モデルの間接を強引に曲げて、ポージングを変更していきます。ではでは。

[補足]ComicStudio・IllustStudioへの書き出し方法

・ComicStudio、IllustStudio用にテクスチャを塗り替えたサンプルデータ

今回改造した3Dモデルをコミスタやイラスタの[3Dワークスペース]で開くには…

(1)[ファイル]→[名前を付けて保存]で、「Wavefront(.obj)」形式を選択します。

保存時の名称に「_character」をつけるのを忘れずに。


 

(2)[OBJ Export]ダイアログで以下のように設定します。

今回は「髪飾り」のオブジェクトを非表示にしているので、[可視オブジェクトのみ]のチェックはお忘れなく。


 

(3)IllustStudioを起動し、[ファイル]→[読み込み]→[3Dファイル]から先ほど保存したファイルを読み込みます。

※ComicStudioでも同様の操作で読み込めます。


 

(4)IllustStudioに読み込めました。

テクスチャを塗り替えた部分は、イラスタ上でも反映されます。

コメント
コメントはありません