提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 6764回 総合評価 : 6件

ついでなので、ポージングで重要な目線も変更します。
このモデルは、目のふちにパーツ分割線が出るのを避けるため、顔と眼球が一体化しています。ですから、眼球を動かして視線移動をすることが出来ません。そこで、瞳の動きは、テクスチャをずらすことで実現します。

(1)[オブジェクト]パネルで「顔」、[材質]パネルで「02Eye」を選択します。


 

(2)[コマンド]パネルで[UV操]を選ぶと、モデルの背後にテクスチャと、「UV展開図」が表示されます。これは、テクスチャのどこが、モデルのどこに貼られるか、の展開図です。


 

(3)UVの詳細な説明は後の回で解説するので、今回は視線を動かす方法だけ。

[オブジェクト]パネルで、顔のモデルを選んでいれば、テクスチャ画像に目の部分の展開図が表示されているはずです。

(4)[UV操作]パネルから[移動]を選び、ドラッグで四角を書くようにして、左右の目の展開図を丸ごと選択します。


 

(5)そのまま、ハイライトされた点をドラッグすることで、モデルに貼られるテクスチャの位置を動かせます。モデルを確認して、視線が良い方向になるように調整してください。


 

コメント
古鷹彩華 2016/11/20 23:07
version4.5.7を使用してますが、左上にある初心者/モデリング(アイコン)/モデリング(文字)/マッピングとモードを変更するアイコンがあると思います。これをマッピングモードに切り替えると左側のコマンドメニューが UV操作に切り替わります。