提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 8150回 総合評価 : 4件

ポージング作業はここまでです。手っ取り早くポーズをとったキャラを作るには、固定ポーズが一番です。少々ポリゴン分割が不味くても、動かしながら調整・変更できますし、関節位置も動かせます。
とはいえ、何回もポーズを変えるには、この方法はちと面倒です。次回からキャラモデルをゼロベースで作っていきますが、それは可動モデルにして、もっと遊べるものにしたいと思います。
ではでは。


 

[補足]ComicStudio・IllustStudioへの書き出し方法
今回ポーズをつけた3Dモデルをコミスタやイラスタの[3Dワークスペース]で開くには…

(1)[ファイル]→[名前を付けて保存]で、「Wavefront(.obj)」形式を選択します。
保存時の名称に「_character」をつけるのを忘れずに。


 

(2)[OBJ Export]ダイアログで以下のように設定します。
今回は「髪飾り」のオブジェクトを非表示にしているので、[可視オブジェクトのみ]のチェックはお忘れなく。


 

(3)IllustStudioを起動し、[ファイル]→[読み込み]→[3Dファイル]から先ほど保存したファイルを読み込みます。
※ComicStudioでも同様の操作で読み込めます。


 

(4)ポーズを変更した状態でIllustStudioに読み込めました。

コメント
コメントはありません