[5] ガイドボックスを用意する

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 119114回 総合評価 : 17件

ガイド絵には以下の2枚の画像を使用します。
以下のファイルをダウンロードして、解凍してください。
・Guide_sample.zip

モデルを作るガイドにするために、画像を貼るためのポリゴンを用意します。

(1)メタセコイアを起動します。

起動して早速ですが、[ファイル]メニュー→[名前をつけて保存]でファイルを保存します。ガイドの絵と同じ場所(フォルダ内)にファイルを保存してください。テクスチャとモデルデータを同じ場所に作ることで、テクスチャのパス指定が楽になります。


 

(2)[コマンド]パネルから[基本図形]を選択。[基本図形パネル]の上段中央、立方体を選択し、そのまま[作成]を押して箱を作ります。


 

(3)[選択部処理]メニューから[面を反転]を選び、箱の表裏を反転します。


 

(4)[コマンド]パネルの[編集オプション]で[面]をオンにし、[選択]ツールに切り替えます。


 

(5)箱の正面をクリックして選択し、[Delete]キーで面を削除します。


 

(6)同様に上下、及び向かって右側の面も削除し、奥と左側の2面だけを残します。


 

この2面に、それぞれ正面と横顔の画像をテクスチャとして貼り付けて、顔を作る下絵にします。

(7)[材質]パネルの[新規]ボタンをクリックして、ガイド用の材質をひとつ作ります。[設定]を押すか材質名をダブルクリックして[材質]パネルを開きます。


 

(8)名前を「GuideZ」、[マッピング]の[模様]欄に、先ほどの正面顔のガイド絵「Guide_Z.bmp」を指定します。([参照]でファイルを選択するか、そのまま欄に「Guide_Z.bmp」と入力します。)


 

(9)続いて、ポリゴンに材質を設定します。
奥の面を選択し、メニュー[選択部処理]メニュー→[面に現在の材質を指定]を選び、材質「Guide_Z」を面に割り当てます。


 

(10)続いて、画像の「面への貼り付け方法(マッピング)」を変更します。デフォルトでは[UV]という方式で画像が面に貼られていますが、ガイドとして使うために、これを「平面投影型」という方式のマッピングに変更します。

[コマンド]パネルから[マッピング]を選択。[UV]ボタンがONになっているのを、左上の[平面]に切り替えます。警告が出ますが、[OK]を選んでかまいません。


 

(11)奥の面を選択状態にしたまま、[選択面にフィット]を一押し。ガイドの水色の枠が、奥の面にぴったりくっつきます。

これで正面ガイドの設定は完了。ツールを[選択]に切り替えて、マッピングモードを終了します。


 

(12)続いて、正顔と同様の操作で横面に横顔ガイドを設定します。
新しく材質を作り、詳細設定で名前を「Guide_X」、模様ファイルに「Guide_X.bmp」を指定します。


 

(13)[選択]ツールで横の面を選び、[面に現在の材質を指定]で材質を設定します。


 

(14)材質を設定したら、先ほど同様に、[マッピング]パネルで[UV]を[平面]に切り替えます。横の面に模様をあわせる為には、模様の投影方向を90度回さなければなりません。[マッピング]パネルの[詳細設定]ボタンをクリックし、角度の[ヘッド]に「90」を設定します。(大きさの数値に「0」が入ってしまったときは値を「100」に修正します)


 

(15)[適用]を押したら、[選択面にフィット]して面に横顔を貼り付けます。

(16)正面、横に画像を貼り終えたら、このガイドが含まれるオブジェクトは誤って動かしてしまわないようにロックしておきます。

コメント
楢山幕府 2018/01/19 19:43
正面はすぐに下絵が表示されたのに、側面は表示されなくて焦りましたが、指示通りに操作すれば難なく表示されました。 早とちりしてしまった自戒の念を込めてコメントに残させて頂きます。 講座のおかげで楽しく自キャラ作成を進められております。有り難うございます。
ぽポリぽぽ 2016/03/31 00:23
面に張り付けた絵についてですが、対応する形式(JPEGのような)は何でしょうか。