[8] 頂点移動で調整

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 97706回 総合評価 : 7件

いきなり面を作って、それを引き伸ばすだけでは、当然形にはなり難いです。作成した面の頂点を動かして、形を整えることが必要です。

(1)[編集オプション]で、編集対象を[点]に切り替えます。
[コマンド]パネルから[移動]を選び、頂点を動かして、正面ガイドに合わせてポリゴンを調整します。

今はまだ、上下の面が別々になっていますが、これをリング状につなげて目の周りを囲みます。

 

(2)この時点で、まだ奥行きは必要ありません。作業は常に、[F3]キーを押した正面視点で行います。

下側端の頂点をクリックで選択し、上側端の頂点の付近までドラッグします。(左クリックはまだ離しません)
左クリックを押したままの状態で右クリックをすると、2つの頂点がくっつきます。

 

(3)この操作を利用して下図の3つの頂点を上側の面にくっつけてしまいます。

 

(4)あとは頂点を1つずつ、クリック→移動を繰り返して形を整えます。
下図を参考に、対応する番号の通りに頂点を移動してください。

 

次回は、目の流れを広げて顔の面を作り、奥行きをつけて行きたいと思います。
ではでは。

[補足]キーボードショートカット

3Dは、2Dで絵を描く以上に、様々な機能を切り替えて作業を進めます。機能を切り替える際にいちいち[コマンド]パネルから機能を探すのはとても面倒です。主なキーボードショートカットを覚えておくと、作業スピードをアップし、作業をスムーズに進めることが出来ます。

今の時点で出てきた機能のショートカットは次の通りです。

選択モード・・・[S]
基本図形・・・[P]
面の生成・・・[F]
面張り・・・[H]
移動・・・[V]
回転・・・[C]
拡大縮小・・・[Q]
選択を解除・・・[CTRL+D]
選択しているものを削除・・・[Delete]

ショートカットは、無理に覚えようとしなくても、使っていれば必要に応じて自然に覚えられます。[コマンド]パネルの機能名の横に書いてあるアルファベットがショートカットキーなので、よく使う機能からだんだん覚えていってみてください。きっと作業効率がアップするはずです。

コメント
コメントはありません