[4] 顔から面を伸ばし、首を作る

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 81537回 総合評価 : 5件

1.横顔から首の面張り

 

最初に作成した「顔の平面板」では、本当に顔の正面方向しかカバーしていませんでした。
そこで、また[面張り]機能を使い、顔の横方向へ面を広げます。

(1)側面視点(F1)に切り替え、[投げ縄]ツールで目の横から頬にかけての辺を選択します。

 

(2)[面張り]ツールに切り替えて、耳の方向にドラッグします。(複数の辺を選択し、[面張り]で面を広げる基本パターン。)

面を作成したら、そのまま選択を解除せずにもう2回ドラッグして、さらに2列面を作成します。(合計3列)

 

(3)3列目を耳のあたりまで伸ばしたら、[移動]ツールで頂点の流れを整理します。

頂点近くまでドラッグ→[右クリック]の操作で、耳の部分の頂点をまとめておきます。

 

吸着に合わせて、[移動]ツールで頂点の位置調整をします。

 

(4)さらに、側面図視点([F1]キー)で[面張り]を使い、あごの下からも面を伸ばして、首へ続くラインを作ります。

最終モデルでは、手軽に可動させるために頭と首は分割するかもしれませんが、今は綺麗なうなじを作って楽しむために、首のほうまで面を広げます。
まず、[面張り]ツールで先端の辺を選択します。(黄色くハイライト表示)

 

(5)これをドラッグして、下絵に沿って伸ばします。面を張ったら、[移動]ツールで頂点の位置を修正。

 

(6)これを繰り返して首の根元まで一気に面を作成します。

 

(7)続いて、前から見た首の太さを決めます。

最初に側面図で、あごの付け根、耳付近の面から[面張り]ツールで下方向に伸ばし、新しい面を作成します。

 

(8)[ナイフ]ツールの[ナイフで面を切断]の設定で切れ目をいれて頂点を増やします。

 

(9)[面張り]→頂点[移動]→右クリックで「吸着」
移動で動かして、あごの付け根~首の流れを作ります。

また、こめかみ付近も、同様の方法で面をつなぎます。

 

※(7)~(9)までの詳細な手順は動画をご覧ください。

(10)[移動]ツールを選択し、[編集オプション]で頂点の編集方向を[X]軸のみONにします。

 

(11)頂点を動かしてあごの付け根~首への流れを作ります。

側面視点(F1)で頂点を選択→正面視点(F3)に切り替え、下絵の首の位置に合うように移動します。

 

これを、以下の4つの頂点で繰り返します。

 

2.首の面をつなぐ

 

首の前の面と、横の面をつなげます。

(1)ここでも[面張り]機能が大活躍。首の付け根が見えるように、少し斜めの視点に傾け、[面張り]ツールで首の前から面を引っ張ります。

首横の面までドラッグして[右クリックで吸着]させます。

 

(2)くっつかなかった側の頂点も[移動]ツール(+右クリック)で[吸着]して、前から見た首を完成させます。

[移動]ツールでうまく移動できない場合は、[編集オプション]で編集方向が、[X]、[Y]、[Z]すべてONにします。

 

(3)次に、首の隙間を埋めていきます。

まず、[投げ縄]で頂点を選択

 

選択した面を[面張り]ツールで拡張。下図の通り、右クリックで近くの頂点に吸着しておきます。

 

(4)吸着していない頂点を、[移動]ツールで吸着していきます。

 

真ん中に2つ頂点が余ってしまうので…[ナイフ]ツールの[ナイフで面を切断]の設定で先ほどつないだ首の面を半分に分割

 

[移動]ツールで頂点を吸着します。

 

(5)最後に、[移動]ツールで面の流れを整理して、首は完成です。

 

3.うなじの作成

 

ついでに、うなじも作ってしまいます。

(1)側面視点(F1)で、下図の辺を選択、[面張り]ツールで首の横から後ろへ向かってドラッグします。

 

[移動]ツールに切り替え、横から見た首の太さに調整します。

 

(2)そのまま、伸ばした先の頂点二つを選択し、[選択部処理]メニュー→[頂点の位置を揃える]を使います。
開いたパネルで[X]軸を「0」に設定し、頂点を正中線に揃えてしまいます。

 

(3)このままではうなじが尖りすぎて刺さりそうなので、[ナイフ]で面を切り…

 

上面視点(F2)に切り替え、[移動]ツールで出来た頂点をX軸方向に動かして首を整えます。

 

(4)少し色気を出して、首後ろ側から今度は上に向かって[面張り]を行い、

 

伸ばした面から、もう1度[面張り]を行い、後頭部の流れを作っておきます。これで頭の奥行きが大体固まりました。

コメント
コメントはありません