提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 60774回 総合評価 : 5件

まず最初に、グラフィックソフトでBMP形式のガイド用の画像を用意します。

ここは(2Dの)グラフィックソフトでの作業です。
まず、テクスチャとして使用する画像は縦横サイズの制限があります。
テクスチャとして使える画像のサイズは原則として「正方形」です。
加えて、縦横のピクセル数は2の乗数(2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024,2048...)にしてください。
現実的・実際的には、512×512、もしくは1024×1024ピクセルの画像です。

[新規作成]で上記サイズの画像を作ります。
続いて、自由な寸法で「格子模様」を描いてから、BMP形式で、モデルを保存しているフォルダ内に保存してください。
この格子模様は、テクスチャをモデルに貼ったときに「歪み」を確認し易くするためのものです。どんな大きさ、色の格子模様でもかまいません。ある程度細かいほうが、歪みを発見し易くなります。

 

面倒な方は、今回のサンプルファイルに含まれる「Grid.bmp」を流用してもOKです。この「Grid.bmp」を、モデルを保存しているフォルダにコピーしておきます。

コメント
コメントはありません