[7] UV展開(5)アイラインの処理

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 42797回 総合評価 : 4件

キャラクターの顔の中で、アイライン(まぶたの線)はかなり重要な場所です。可能であれば、ここは繊細に、細い線で表現したいところです。また、眼パチなどの「眼をつぶる」表現を考えたとき、まぶたは引き伸ばされることが予想されます。

そこで、まぶた・アイラインのテクスチャ面積を広げておくことにします。

(1)展開図上でひとつずつ頂点をクリック、UV座標を動かしていきます。

 

(2)下図を参考に、あたかも眼を半閉じ状態にしているように頂点移動します。

 

これにより、3Dモデル上では、まぶたとアイライン部分は他より格子模様が詰まったようになります。

当然、眼球内部はゆがみ、小さくなってしまいますが、眼球は別テクスチャに貼りなおすことにするので、今はこれを無視します。

 

次回はテクスチャをグリッドから肌色に変え、目や口を書き込んでいきたいと思います。
ではでは。

コメント
コメントはありません