提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 13664回 総合評価 : 2件

これでやっと、やっとモデルが人並みに動くようになったと思います。

しばらく、様々なポージングをしてテスト。


 

この段階のポージングのコツは、ボーンを一つ一つ選択し、ハンドルを使ってボーンを丁寧に回転させる「FK」方式。

手足の先をつまんで動かす「IK」方式でも関節を動かすことは出来ますが、関節の可動方向・範囲を制限していないので、すぐに逆関節になってしまい、ストレス無いポージングはなかなか難しいと思います。

タイムラインパネル上の[Freeze]ボタンを押すと、その時のポーズでモデルが書き出されます。

当然、試す前にファイルの保存、[Freeze]したら別名で保存を忘れずに。[Freeze]はモデルを変形させるので、元のファイルを上書きしてしまうと取り返しがつきません。


 

コメント
zmfflq 2013/05/12 10:57
goooood!!