2.自分の好みに合ったペンを見つけよう!

提供者 : セルシス    更新日 : 2017/12/05   
閲覧数 : 150700回 総合評価 : 66件

どうやって好みのブラシに設定するの?

ツールは自分好みの細かい設定ができます。
アナログで描く際も、自分に合った道具を選ぶようにデジタルでは設定で調整します。
ここでは主に使う[ツールプロパティ]パレットについてご説明します。

001.jpg

ブラシのサイズ

線をどれくらいの大きさで描くかを決定します。キャンパスサイズや自分の筆圧に合わせて調整しましょう。

不透明度

ツールの不透明度を調整します。数値が低ければ低いほど薄く描画されます。

アンチエイリアス

ツールのアンチエイリアスのかかり方を4段階から選ぶことができます。

手ブレ補正

タブレットなどを使用するときに、手のブレが発生し線が乱れることがあります。それを滑らかな線に修正してくれる機能です。数値が大きいほど滑らかに補正されます。


さらに細かい設定を行いたい場合は、[ツールプロパティ]パレットの右下にある、サブツール詳細で調整します。例えばこんなことが設定できます。

002.jpg

ブラシ先端

硬さ・厚さ・向きなどが調整できます。

補正

手ブレ補正のほかに、後補正や、はらいなどが調整できます。

入り抜き

描き始めと描き終わりの線の太さを調整したり、ストロークの速さによって入り抜きを調整することができます。


ペンの設定を変えて描いて自分になじませてみましょう設定を変えれば自分だけのペンができます。自分になじむような設定に調整してみましょう。

「機能解説!トラの巻」でツールプロパティについてより詳しく解説しています。以下の講座も合わせてご覧ください。


次の項目では、初期収録されているペン・ブラシにどのようなものがあるのか、ピックアップして特徴を紹介します。カスタマイズする際の参考にしてください。

1.アナログ風

CLIP STUDIO PAINTでは、[ペン]ツールの[サブツール]パレット内に「ざらつきペン」があります。

これで描画すると紙にインクで描いたようなタッチを表現できます。

003.jpg

デジタルではきれいな線が描ける利点をあえて変えることによって、紙とインクで描いたようなタッチに近づけることができます。

004.jpg

また、[カスタムGペン]のように「素材をさがす(CLIP STUDIO ASSETS)」にもアナログ風のペンが多数登録されています。
※ASSETSで公開されている素材のダウンロード方法については「5」をご覧ください。。

2.水彩

水彩は水を含んだような淡いタッチを出せるブラシです。

[不透明水彩]は筆圧の強弱によって濃淡を表現することができます。

[滑らか水彩]は予めキャンバスに置かれている色を水でにじませるような効果を与えてくれるブラシです。淡く淡くぼかしていきたいときに有効なブラシです。

「素材をさがす(CLIP STUDIO ASSETS)」では、プロのイラストレーターさんが作成した以下の水彩ブラシが無料でダウンロードできます。ぜひお試しください。※ASSETSで公開されている素材のダウンロード方法については「5」をご覧ください。

3.厚塗り

下地の色の上に新たに色を塗り重ねていく塗り方を厚塗りといいます。こちらで紹介するのは厚塗りができるブラシとなります。
[油彩平筆]は平筆のタッチを出しながら色を塗り重ねていくことができるブラシです。
筆圧の強弱により色に濃淡をつけることができます。

[色変化]は筆圧の強弱により描画色と背景色の混合比を変えて描画できるブラシです。

「素材をさがす(CLIP STUDIO ASSETS)」では、プロのイラストレーターさんが作成した以下の水彩ブラシが無料でダウンロードできます。ぜひお試しください。※ASSETSで公開されている素材のダウンロード方法については「5」をご覧ください。

4.筆

筆は毛筆のような力強いタッチを出す事ができるブラシです。
[ややかすれ]は筆のタッチを出しながらエッジにかすれをだすことができるブラシです。

[粗め]は筆の荒いタッチを再現したブラシでエッジが薄墨のようにかすれる効果のでるブラシとなっています。

「素材をさがす(CLIP STUDIO ASSETS)」では、初期収録されている筆ブラシのほかに以下の筆ブラシが公開されています。ぜひお試しください。※ASSETSで公開されている素材のダウンロード方法については「5」をご覧ください。

5.CLIP STUDIO ASSETSからブラシをダウンロードする

CLIP STUDIO PAINTのペン・ブラシツールは、自分でカスタマイズして使いやすい凝ったブラシを作成することができますが、どんなブラシが自分に合っているのか、まずは他の人が作ったブラシ設定を使ってみるのもよいでしょう。
他の人が作成したブラシ設定が素材としてCLIP STUDIO ASSETSにたくさんアップロードされています(無料/有償があります)。
以下の手順でダウンロードを行い、CLIP STUDIO PAINTへ読み込むことにより簡単にブラシを使う事ができます。

ブラシ素材をダウンロードして使用する手順

CLIP STUDIOを起動し①素材をさがすをクリックします。②検索ボックスに「鉛筆ペン」と入力します。③人気順をクリックします。④鉛筆ペンがでてきますのでクリックします。
※こちらの手順では、素材「鉛筆ペン」をダウンロードして読む込む手順を例に解説します。

右上の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードを行います。

CLIP STUDIO PAINTを起動し、[素材]パレットを表示します。※[素材]パレットが画面に表示されていない場合は、[ウィンドウ]メニュー→[素材]を選択して表示します。

[素材]パレット内の[ダウンロード]フォルダに、さきほどダウンロードしたブラシ素材が格納されています。ブラシ素材のサムネイル画像を[サブツール]パレットへドラッグ&ドロップするとクリップスタジオで使用できるブラシとして登録できます。

ダウンロードしたブラシ素材は[サブツール]パレットのどのサブツールグループにでも登録できますが、あとから探しやすいようにダウンロードしたブラシの性質に合ったグループを表示しておき、登録しておくことをオススメします。
※あとから[サブツールパレット内をドラッグで移動することもできます。

[サブツール]パレットの中に鉛筆ペンが登録され、使用することができるようになりました。
同じ手順でいろいろなブラシ設定や素材を試して、自分に合ったブラシを見つけるのも楽しいですよ!

コメント
酒呑メガネ 2017/01/15 15:33
4.筆の項目が「ややかすれ」と「粗め」の画像逆になってるゾ 修正してくれよな~頼むよ~
あっとあず 2017/01/03 18:26
2.でこぼこ の項目が 直線をを描いても、でこぼこに描けるように設定したペン になってますよ をがいっこ多いです
ギンちゃん 2016/01/17 15:12
描けるように設定したペンってことはでこぼこペンは自分で作るしかないのかな?
shigara 2015/11/29 17:12
アメデスさんに続き、私もでこぼこペンの設定がわかりませんでした…。こちらは自分で細かく設定すればよいのでしょうか??
アメデス 2015/11/23 00:17
CLIP STUDIO PAINTでの、でこぼこペンの設定方法がわかりません…