素材を作ろう!デコレーションブラシ①基本

提供者 : セルシス    更新日 : 2017/08/23   
閲覧数 : 29744回 総合評価 : 13件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver.1.6.6

[1]デコレーションブラシの先端画像
[2]A:描画色を自由に変えて描ける先端画像作成方法
[3]B:カラーを固定して描ける先端画像作成方法
[4]デコレーションブラシの種類
[5]ブラシの表現色についての補足

[1]デコレーションブラシの先端画像

デコレーションブラシとは、主にブラシの先端に「画像」を登録したブラシのことをいいます。作成する手順としては、最初にブラシの先端に設定する画像を作成し、その後、その画像をブラシに登録します。

CLIP STUDIO PAINTのデコレーションブラシは、登録するブラシの先端画像によって大きく以下の2種類に分かれます。

A:選択した描画色で描けるデコレーションブラシ
B:カラー固定で描けるデコレーションブラシ

具体的には以下のように描画できるブラシです。初期収録のデコレーションブラシを例に説明します。

A:描画色で描けるブラシ
下図のA-1[ひまわり]やA-2[メロディ]のように、描画色で選択した赤色が反映されるブラシです。A-1[ひまわり]のようメインカラー・サブカラーの2色でにベースの色と線画などに設定することもできます。
B:ブラシに登録された画像の色で描画するブラシ
下図のB[鉄条網]のように、描画色に関係なく画像の色で描かれるブラシです。

A、Bのどちらのデコレーションブラシを作成するか決まったら、それぞれの先端画像の作成方法に進みましょう。

作成した先端画像の保存やブラシへの設定方法は、以下の講座で詳しく解説しています。
・素材を作ろう!描画ツールの基本①基本

デコレーションブラシはその色によって様々な表現が可能です。デコレーション表現色ごとに向いている素材をまとめました。素材を作成する際に参考にしてください。登録後は実際に描画してみて、理想的な仕上がりになっているか確認しましょう。

[2]A:描画色を自由に変えて描ける先端画像作成方法

描画色を自由に変えて描くことのできるデコレーションブラシの先端画像を作成します。

レイヤーの選択

最初に、表現色が[グレー]または[モノクロ]レイヤーを作成します。
2色のブラシを作成する際は、メインカラーになる分部を黒色で描画し、サブカラーになる分部を白色で描画します。
1色のブラシを作成する際は、メインカラーになる部分を黒色のみで描画します。

↓レイヤーの表現色は、[レイヤープロパティ]パレットで設定できます。

白と黒2色で作成したブラシは、使用する人が自分の好きな2色を反映できます。
例えば、草の素材などで、線部分は黒で描き、中を白で塗りつぶして登録することで、フチも葉の色も自由に変えられる、便利なブラシができます。

レイヤーの表現色[グレー]で作るデコレーションブラシ

不透明度を表現できるので、1色の濃淡を表現するものに向いています。使用する際は好きな色で描画できます。
「ふわふわ」や「きらきら」、「もや」などの効果系ブラシのように色の濃さが混在している素材はグレーレイヤーで作成します。

この先端画像を設定したブラシでは、以下のように描画されます。
描画色をメインカラーに設定した場合は、先端画像の黒い部分がメインカラー、白い部分がサブカラーに置き換わって描画されます。

描画色をサブカラーに設定すると、サブカラーのみで描かれます。

描画色を透明色にしたときは、先端画像の黒い部分が透明で消されます。

作成した先端画像の保存やブラシへの設定方法は、以下の講座で詳しく解説しています。
・素材を作ろう!描画ツールの基本①基本

レイヤーの表現色[モノクロ]で作るデコレーションブラシ

レイヤーの表現色がモノクロの場合は黒色と白色でデコレーションブラシを形作ることができます。
グレーとの違いは、グラデーションやアンチエイリアスなどの表現ができないことです。

この先端画像を設定したブラシでは、以下のように描画されます。
メインカラーを描画色にしたときは、黒い部分がメインカラーになり、白い部分がサブカラーに置き換わって描画されます。

描画色をサブカラーに設定すると、サブカラーのみで描かれます。

描画色を透明色にしたときは、先端画像の黒い部分が透明で消されます。

作成した先端画像の保存やブラシへの設定方法は、以下の講座で詳しく解説しています。
・素材を作ろう!描画ツールの基本①基本

POINT
デコレーションブラシの形状としてはアンチエイリアスがありませんが、作成したデコレーションブラシを色深度がグレーやカラーのレイヤに対して使用するとブラシサイズ等の変更でアンチエイリアスがかかります。

[3]B:カラーを固定して描ける先端画像作成方法

カラーを固定して描けるデコレーションブラシの先端画像を作成します。

画像の色をそのまま表現します。 使用する際に色を変更することはできません。
リアルな描画を使用するもの、色を複数使っているもの、この色で使ってほしい、という素材に使用します。

レイヤーの選択

最初に、表現色が[カラー]のレイヤーを作成します。

↓レイヤーの表現色は、[レイヤープロパティ]パレットで設定できます。

例として赤と青のカラーを使用したデコレーションブラシを形作ります

カラーレイヤーで作成した先端画像を使用したブラシは描画色に何色を設定しても、デコレーションブラシを作成したときの色のままで描画されます。
カラー表現以外に、グレーやモノクロでも常に一定の濃度で描画したい場合に使用されることもあります。

先端画像について詳しくは、[4]ブラシの表現色についての補足をご覧ください。

CLIP STUDIOで公開するときのPOINT
素材はダウンロードしてアプリケーションで使ってみないと、使い勝手などがわかりません。
特に有償素材として公開する場合は、「使ってみたけどイメージと違った」ということがないように使用方法などを詳しく書いておきましょう
特に、デコレーションブラシの表現色(モノクロ、グレー、カラー)と使用するレイヤーを記載しておくようにします。

[4]デコレーションブラシの種類

デコレーションブラシはパターン(画像)を連続して描画するツールです。CLIP STUIO PAINTでは、設定してある先端画像の形を活かしたものをデコレーションブラシに分類します。

各項目は[サブツール詳細]パレットで設定、変更できます。設定項目が多いので、ここではデコレーションブラシに関連する項目のみご紹介します。
※[サブツール詳細]パレットは[ウィンドウ]メニュー→[サブツール詳細]を選択して表示させることができます。
※[サブツール詳細]パレットの操作方法、各オプション項目の詳細は「機能解説!トラの巻>サブツール詳細パレットを使いこなす①基本」および「機能紹介!トラの巻>サブツール詳細パレットを使いこなす②描画ツール

(1)スタンプ

パターンを連続で描画するとき、ひとつひとつのパターンの間隔をあけることでスタンプのような使い方ができます。
パターンの形を活かして描画する場合に有効です。
[サブツール詳細]パレットの[ブラシ形状]→[ストローク]→[間隔]を「固定」に設定し、下の数値を調整します。

(2)散布

エアブラシのようにパターンを散布して描画します。
桜の花のようにパターンをまばらに描画させたい場合に有効です。
[サブツール詳細]パレットの[ブラシ形状]→[散布効果]→[散布効果]を「オン」に設定し、下の項目を調整します。

(3)リボン

パターンを連続して描画するとき、線の曲り具合に合わせて画像を変形させて描画します。
紐の形状で描画する場合に有効です。
[サブツール詳細]パレットの[ブラシ形状]→[ストローク]→[リボン]を「オン」に設定します。

[5]ブラシの表現色についての補足

デコレーションブラシ素材を作成する際の先端画像のレイヤーの表現色と描画するレイヤーの関係についてさらに詳しく解説します。

(1)グレー

2色で表現できるブラシです。色の不透明度で元の画像の色を表現します。使用するレイヤーによって表現できる色が違います。

ブラシ レイヤー 詳細
グレー
(不透明度を下げた部分あり)


左から不透明度100%、50%、10%で作成しています。
モノクロ
【色】
メインカラー、サブカラー、描画色の反映のされ方はモノクロブラシと同じです。
【不透明度】
モノクロレイヤーでは100%、0%の不透明度しか表現できないため、それ以外の不透明度は100%で表現されます。
グレー
【色】
メインカラー、サブカラー、描画色の反映のされ方はモノクロブラシと同じです。
【不透明度】
グレーレイヤーではブラシの不透明度がそのまま反映されます。
カラー
【色】
メインカラー、サブカラー、描画色の反映のされ方はモノクロブラシと同じです。
【不透明度】
カラーレイヤーもグレーレイヤー同様、ブラシの不透明度がそのまま反映されます。

(1)モノクロ

2色で描画するデコレーションブラシです。

ブラシ レイヤー 詳細
モノクロ
モノクロ
【色】
①黒の部分に描画色が、白の部分にサブカラーが反映されます。
②描画色に透明を選択した場合は、メインカラー、サブカラーの色に関係なく、黒の部分は透明に、白の部分に不透明になります。
③モノクロレイヤーでは黒、白、透明以外の色が表現できないため、色を選択した場合はその色のよって黒または白が反映されます。
グレー
【色】
黒、白、透明を描画色に指定した場合(①、②)は、モノクロレイヤーと同じです。
②グレーレイヤーでは黒、白、透明、グレー以外の色が表現できないため、カラーを指定した場合は、その色によって黒の濃さが変化し反映されます。
カラー
【色】
黒、白、透明を描画色に指定した場合(①、②)は、モノクロレイヤーと同じです。
③カラーレイヤーでは黒の部分に描画色に指定した色が、白の部分にサブカラーの色が反映されます。

(3)カラー

カラーはすべての色と透明度を表現できます。

ブラシ レイヤー 詳細
カラー
(不透明度を下げた部分あり)


一番右のみ不透明度を50%に下げて作成しています。
カラーのブラシの色は画像上の色なので、どのレイヤーでも色を変更することはできません。
モノクロ
【色】
モノクロレイヤーでは白、黒以外の色を表現できないので、ブラシの色を黒または白として反映します。
①③ブラシの色は画像上の色なので、メインカラー、サブカラー、描画色を変更しても描画に反映されません。
②描画色に透明を選択した場合は、黒と判断した部分は透明に、白と判断した部分は不透明になります。
【不透明度】
モノクロレイヤーでは100%または0%以外の不透明度は表現できないので、色がある場合はすべて100%として表現します。
グレー
【色】
グレーレイヤーでは白、黒、グレー以外の色を表現できないので、色の濃さで黒の濃さを変化させて表現します。
①③ブラシの色は画像上の色なので、メインカラー、サブカラー、描画色を変更しても描画に反映されません。
②描画色に透明を選択した場合は、色の濃さを不透明度に反映させます。→不透明度については下記を参照してください。
【不透明度】
①③ブラシの不透明度がそのまま反映されます。
②描画色に透明を選択した場合は、ブラシの不透明度とは関係なく、色の濃さを不透明度に反映させます。
※黒に近いほど不透明度が下がり、白に違いほど不透明度が上がります。
カラー
【色】
カラーレイヤーではブラシの色をそのまま表現できます。
①③ブラシの色は画像上の色なので、メインカラー、サブカラー、描画色を変更しても描画に反映されません。
②描画色に透明を選択した場合は、色の濃さを不透明度に反映させます。→不透明度については下記を参照してください。
【不透明度】
①③ブラシの不透明度がそのまま反映されます。
②描画色に透明を選択した場合は、ブラシの不透明度とは関係なく、色の濃さを不透明度に反映させます。
※黒に近いほど不透明度が下がり、白に違いほど不透明度が上がります。

≪  素材を作ろう!描画ツールの基…  |  素材を作ろう!デコレーション…  |  素材を作ろう!デコレーション…  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません