[1] モデリングの準備

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 14182回 総合評価 : 2件

1. プラグインの用意
2. 下絵&モデリングの準備

1. プラグインの用意

 

今回のモデリング講座では、プラグインを用いて作業します。 講座内で使用するプラグインは下記の5つです。講座を読む前に各リンク先からダウンロードして、 メタセコイアにインストールしておいて下さい。インストール方法については、 [・プラグインのインストール]を参照して下さい。

 

・使用するプラグインと概要

 

Edge Extrude
作者:mqdlさん
http://mqdl.jpn.org/
選択した辺を移動量0(同じ場所)に押し出します。 実行後、新規で生成された辺に選択が移りますので、移動ツールのハンドルや数値入力等で移動させて下さい。 押し出す際にマウスのドラッグが不要なので、どの視点であっても押し出せるという利点があります。

ライン間に面を張る
作者:MASHさん
http://www.asahi-net.or.jp/~jv9h-msk/index.html
選択した2つの辺の間に四角形の面を張ります。 ※辺に含まれる頂点数が同数でなければ適用できません。

辺を等分割
作者:MASHさん
http://www.asahi-net.or.jp/~jv9h-msk/index.html
選択した全ての辺を、指定した数で等分割します。 辺の分割に応じて、面も分割します。

穴を閉じる
作者:MASHさん
http://www.asahi-net.or.jp/~jv9h-msk/index.html
穴の周囲の辺を選択して実行すると、穴の中心に頂点を作成して三角形の面を張ります。

頂点周りを連続切断
作者:MASHさん
http://www.asahi-net.or.jp/~jv9h-msk/index.html
選択した頂点に接続する辺を中間から連続切断します。 辺の分割に応じて、面も分割します。

 

・プラグインのインストール

 

ダウンロードしたプラグインファイルは圧縮ファイルになっていると思いますので、 まずはOS標準の機能や解凍ソフトなどで解凍します。その後、解凍後のフォルダ内に入っている「プラグインファイル名.dll」という、拡張子「dll」のファイルを、 「メタセコイアをインストールしたフォルダ」→「Plugins」の階層にある、「Select」フォルダ内にドラッグして 入れて下さい。(プラグインの種類は他にもたくさんありますが、今回使用する5つのプラグインはすべてSelect用 プラグインですので、すべてSelectフォルダへ入れます) なお、解凍後のフォルダにはプラグインの説明が記されているtxtファイルが収録されていますので、合わせて 読んでおきましょう。

 

その後、メタセコイアを起動すると、[選択部処理]メニューの中にプラグインが並んでいるのが確認できます。

 

各プラグインの詳しい使用方法は必要に応じて講座内で説明しますが、今回使用する5つに関しては、 頂点・辺・面のいずれかに選択範囲を作成した後で、[選択部処理]メニューに追加されたプラグインを 選択すれば実行される、と覚えておくとよいでしょう。

2. 下絵&モデリングの準備

プラグインの用意が終わったら、モデリングを開始します。 まずはハンドガンの資料を集め、下絵を作成します。 画像を見てもらえばわかりますが、名称の付いている細かいパーツの造形は単純で簡単そうですよね。

 

(1)まず、[コマンド]パネル→[基本図形 P ]から立方体を作成して、参照用のテンプレートオブジェクトを作成します。 作成後すぐに、画面上部にある[選択部処理]メニュー→[面の反転]を実行して、面を反転させて下さい。その後、下の画像の 位置の辺を選択→削除して、ポリゴン面を半分に減らします。

 

今回は正面、上面、側面の下絵を用意しましたので、それぞれの視点変更に合わせて下絵が切り替わるように テンプレートオブジェクトを設定します。

(2)材質を3つ作成し、それぞれテクスチャを読み込みます。 材質「下絵_正面」に「ハンドガン正面.bmp」、材質「下絵_上面」には「ハンドガン上面.bmp」、材質「下絵_横」には 「ハンドガン横面.bmp」を登録します。[シェーダ]は全て[Constant]に設定します。

 

(3)材質を作成したら[F3]キーを押して正面視点に切り替え、見えている面(Z軸上にある、正面に見えている面)に、 [コマンド]パネル→[材質 M ]を使用して材質を適用します。同様に[F1]キーを押して側面視点、[F2]キーを押して上面視点から 見える面にも、それぞれ材質を適用します。

先ほど面を反転したときにUVも反転してしまっているので、これを修正しておきます。[コマンド]パネル→[UV操]を 選択して[UV操作]パネルを開き、全ての面に対して[スイッチ反転]を実行して下さい。さらに底面に対しては[スイッチ回転]も 二回行い、銃口が手前を向くように調整します。

 

これで、視点変更に合わせて下絵が切り替わるようになりました。

 

POINT

テクスチャの表示が荒い時は、[環境設定]でテクスチャの最大表示解像度を[2048]以上に変更して下さい。 詳しい設定方法は、「第8回 エレキギターのモデリング」→ 「[2]ボディのモデリング①」→「1.環境設定」を参照して下さい。

 

これで、今回の講座分は終了となります。 次回は、スライドをモデリングしていきます。

コメント
コメントはありません