Metasequoia 使い方講座 > 小物ではじめよう!モデ… > 第4回 西洋刀 ~鏡面化と…

第4回 西洋刀 ~鏡面化と曲面化~

はじめに

第4回は武器、西洋刀(剣)です。
ファンタジー系のイラストでも登場することは多いですし、複雑な形状の剣であれば3Dで作っておくとイラストを描くときに楽が出来るかもしれませんね?

今回は「鏡面モデリング(鏡面化)」と「カトマル(曲面化)」を使ったモデリングを解説しようと思います。
鏡面化は前回も少し出てきましたが、3DモデルをX、Y、Xそれぞれの軸に対して現在編集中のポリゴンの鏡像(ミラー)として描画することで、左右対称モデルの半分をモデリングするだけで、モデル全体を作成出来る機能です。

 

曲面化とは、ポリゴンの頂点間にあらたな制御点を自動的に作成し、荒いポリゴンを滑らかなポリゴンとして描画する機能です。
四面体等に設定してみるとその効果が良く分かると思います。
曲面化では、ポリゴン数が少ないまま滑らかになっている訳ではなく、実際は倍以上のポリゴンに自動的に分割されます。

メタセコイアには三種類の曲面処理が用意されていますが、主に使うのは[Catmull-Clark]処理です。

 

他の曲面化処理、[曲面タイプ1][曲面タイプ2]について詳しく知りたい方はメタセコイアのヘルプに目を通してみましょう。
上部メニュー[ヘルプ]→[目次]でヘルプが開きます。

 

第4回のサンプルデータです。
・西洋刀下絵
・サンプルデータ
※当サンプルデータに関するユーザー様へのサポートは行っておりません。
※サンプルとして提供する3Dモデルデータの転載、再配布は禁止します。

最初 前へ 1 次へ
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
まずはモデリングする西洋刀(剣)の資料を集め、下絵を用意します。
閲覧数 : 17780回 総合評価 : 5件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
下絵に合わせながら刃の部分のモデリングを行います。
閲覧数 : 18069回 総合評価 : 6件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
下​絵​に​合​わ​せ​な​が​ら鍔(護拳)のモデリングを​行​い​ま​す​。
閲覧数 : 10716回 総合評価 : 5件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
下​​​絵​​​に​​​合​​​わ​​​せ​​​な​​​が​​​ら​握り(グリップ)のモデリング​を​​​行​​​い​​​ま​​​す​​​。
閲覧数 : 8443回 総合評価 : 5件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
下​​​​​​​絵​​​​​​​に​​​​​​​合​​​​​​​わ​​​​​​​せ​​​​​​​な​​​​​​​が​​​​​​​ら柄頭のモデリング​​​を​​​​​​​行​​​​​​​い​​​​​​​ま​​​​​​​す​​​​​​​。
閲覧数 : 8382回 総合評価 : 5件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
頂点の位置を揃えるなど微調整を行なった後、ミラーと曲面のフリーズを行います。
閲覧数 : 13494回 総合評価 : 4件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
モデリング中はずっと半透明だった材質を、金属のような材質に変更して西洋刀を完成させていきます。
閲覧数 : 7976回 総合評価 : 8件
提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
最後にComicStudio・IllustStudioへの書き出しと読み込みの手順を解説していきます。
閲覧数 : 6245回 総合評価 : 6件
最初 前へ 1 次へ
≪  第3回 フライパンのモデリング  |  第4回 西洋刀 ~鏡面化と曲面化~  |  第5回 テクスチャ(UV)について  ≫